京都芝3200mのコース特徴

コース紹介京都芝3200m

最後の直線は、やや長めだが平坦
3コーナーに高低差4.3mのがある。好走には、コーナーを距離ロスせず回る器用さ、もしくは下りを利用して直線で脚を伸ばすマクリ脚質が必要になる。。

ラップ・ペース京都芝3200m

平均ハロンラップ
  • 12.9
  • 11.8
  • 11.9
  • 12
  • 12
  • 11.9
  • 11.7
  • 12.7
  • 12.5
  • 12.6
  • 12.6
  • 12.4
  • 12
  • 11.7
  • 11.6
  • 12.1
前半3F 36.5
前半5F 60.5
後半3F 35.4
  • 後傾ラップ
  • ミドルペース
標準戦C
前半はミドルペースだが、中盤は1・2コーナーと向正面で急激にペースが落ち、超スローペースになる事がほとんど。その後、3コーナーの下りからペースアップしハイラップが刻まれる。ロングスパートできる持久力も必要な標準タイプのコース。

標準戦大きなペース変化が無い、馬自身の能力・スピードが問われるコースタイプ。

コースデータ京都芝3200m

コース
高低差 4.3m(3位)
カーブ 大回り
芝質 オーバーシード芝
ゴール前直線
距離 404m(4位)
平坦
スタート
コーナー距離 約400m(長い)

※オーバーシード芝 野芝(スピードと軽さが求められる)・洋芝(パワーとスタミナが求められる)を混合した芝。

今週の重賞分析レース

G2
阪神カップ
G1
有馬記念

重賞レースをウマセンが徹底分析!
過去10年データから注目の3頭をピックアップ!

ページ先頭に戻る