中山芝3600mのコース特徴

コース紹介中山芝3600m

最後の直線に、全コース中最大の勾配1.6%の急坂が待ち受ける。
JRA全10場で最も高低差があるタフなコース
コーナーがきつく、直線も短い為、器用さも問われる。

ラップ・ペース中山芝3600m

平均ハロンラップ
  • 13.1
  • 11.6
  • 13.2
  • 12.8
  • 12.4
  • 12.5
  • 12.6
  • 13
  • 12.7
  • 12.8
  • 13.3
  • 13
  • 12.6
  • 12.2
  • 12
  • 12.1
  • 11.7
  • 12.1
前半3F 37.9
前半5F 63.1
後半3F 35.9
  • 後傾ラップ
  • スローペース
瞬発戦B
前半・中盤は、1F13秒台がほとんどの超スローペースになる事が多い。勝負は後半。2周目の2コーナーから一気にペースが上がり、そのままハイラップを刻み続ける。ロングスパートできる持久力も必要な瞬発タイプのコースだ。

瞬発戦一気のペースチェンジが起こり末脚勝負になるなど、スピード・瞬発力を要する事が多いコースタイプ。

コースデータ中山芝3600m

コース
高低差 5.3m(1位)
カーブ 小回り
芝質 オーバーシード芝 ※第4回開催は野芝主体
ゴール前直線
距離 310m(8位)
急坂
スタート
コーナー距離 約320m(通常)

※オーバーシード芝 ※第4回開催は野芝主体 野芝(スピードと軽さが求められる)・洋芝(パワーとスタミナが求められる)を混合した芝。

※通常カーブ スピードを落として曲がるカーブ。息が入りやすく、器用さが必要。

今週の重賞分析レース

G2
阪神カップ
G1
有馬記念

重賞レースをウマセンが徹底分析!
過去10年データから注目の3頭をピックアップ!

ページ先頭に戻る