中山芝2500mのコース特徴

コース紹介中山芝2500m

最後の直線に、全コース中最大の勾配1.6%の急坂が待ち受ける。
JRA全10場で最も高低差があるタフなコース
コーナーがきつく、直線も短い為、器用さも問われる。

ラップ・ペース中山芝2500m

平均ハロンラップ
  • 7.1
  • 11.8
  • 12.3
  • 12.4
  • 12.6
  • 13.3
  • 12.9
  • 12.8
  • 12.1
  • 12
  • 11.8
  • 11.7
  • 12.2
前半3F 37.4
前半5F 62.8
後半3F 35.6
  • 後傾ラップ
  • スローペース
標準戦C
スタートしてすぐにコーナーがあり、700~1100mの地点にある正面直線・1コーナーの急坂で一気にペースダウンする事から、前半はスローペースで流れやすい。向正面でペースが上がり、残り800mでハイラップが刻まれる、瞬発力も必要な標準タイプのコース。

標準戦大きなペース変化が無い、馬自身の能力・スピードが問われるコースタイプ。

コースデータ中山芝2500m

コース
高低差 5.3m(1位)
カーブ 小回り
芝質 オーバーシード芝 ※第4回開催は野芝主体
ゴール前直線
距離 310m(8位)
急坂
スタート
コーナー距離 約190m(短い)

※オーバーシード芝 ※第4回開催は野芝主体 野芝(スピードと軽さが求められる)・洋芝(パワーとスタミナが求められる)を混合した芝。

※通常カーブ スピードを落として曲がるカーブ。息が入りやすく、器用さが必要。

今週の重賞分析レース

G3
ラジオN杯京都2歳S
G1
ジャパンカップ
G3
京阪杯

重賞レースをウマセンが徹底分析!
過去10年データから注目の3頭をピックアップ!

ページ先頭に戻る