中山ダート2400mのコース特徴

コース紹介中山ダート2400m

最後の直線に、ダートコース中最大のを誇る急坂が待ち受ける。
小回りで、コーナーが4回ある為、逃げ・先行馬が有利。また、直線の急坂を2度越えるので、パワー・スタミナが要求される。

ラップ・ペース中山ダート2400m

平均ハロンラップ
  • 13.2
  • 12
  • 12.9
  • 13
  • 13.6
  • 14
  • 13.5
  • 12.6
  • 12.4
  • 12.7
  • 12.8
  • 13.6
前半3F 38
前半5F 64.7
後半3F 39.1
  • 前傾ラップ
  • ミドルペース
持久戦C
上り坂の最初の正面直線、1・2コーナーで一気にペースが緩む。直後が下り坂の為、ペースが速くなるが、残り600m以降でペースが上がる事は少なく、持久戦タイプのコースと言える。

持久戦前半ハイペースで流れるなどし、後半ペースが上がらない。スタミナ・粘り・持久力を要する事が多いコースタイプ。

コースデータ中山ダート2400m

コース
高低差 4.4m(1位)
カーブ 小回り
芝質 -
ゴール前直線
距離 308m(5位)
急坂
スタート
コーナー距離 約210m(短い)

今週の重賞分析レース

G2
阪神カップ
G1
有馬記念

重賞レースをウマセンが徹底分析!
過去10年データから注目の3頭をピックアップ!

ページ先頭に戻る