東京芝2300mのコース特徴

コース紹介東京芝2300m

緩急2種類のが連続し、500mを超える長い直線が特徴。
コーナーが緩やかで幅も広く、馬群がごちゃつく心配が無い。
馬の能力が大きく反映される、タフなコース。

ラップ・ペース東京芝2300m

平均ハロンラップ
  • 7.1
  • 11.5
  • 12.5
  • 12.9
  • 12.7
  • 12.6
  • 12.9
  • 12.6
  • 12.3
  • 11.5
  • 11.5
  • 11.9
前半3F 37.5
前半5F 62.9
後半3F 34.9
  • 後傾ラップ
  • スローペース
瞬発戦B
最後に長い直線が控えているので、前半はスローペースになりやすい。ペースが動くのは4コーナー途中の残り600mで、典型的な瞬発タイプのコース。

瞬発戦一気のペースチェンジが起こり末脚勝負になるなど、スピード・瞬発力を要する事が多いコースタイプ。

コースデータ東京芝2300m

コース
高低差 2.7m(7位)
カーブ 大回り
芝質 オーバーシード芝
ゴール前直線
距離 525.9m(2位)
急坂
スタート
コーナー距離 約300m(通常)

※オーバーシード芝 野芝(スピードと軽さが求められる)・洋芝(パワーとスタミナが求められる)を混合した芝。

※複合カーブ スピードを落とさず曲がれる。息が入らないのでスタミナが求められる。

今週の重賞分析レース

G2
阪神カップ
G1
有馬記念

重賞レースをウマセンが徹底分析!
過去10年データから注目の3頭をピックアップ!

ページ先頭に戻る