東京ダート2100mのコース特徴

コース紹介東京ダート2100m

ダートコース最長の500mを超える直線が大きな特徴。加えて、高低差2.4mのもあり、末脚勝負になりやすい。

ラップ・ペース東京ダート2100m

平均ハロンラップ
  • 7.2
  • 11.4
  • 12.6
  • 12.7
  • 12.8
  • 12.9
  • 12.8
  • 12.8
  • 12.5
  • 12.4
  • 12.8
前半3F 37.5
前半5F 63.1
後半3F 37.6
  • 平均ラップ
  • ミドルペース
標準戦C
スタートしてコーナーまでが短い為、最初だけハイラップが刻まれる。しかし、それ以降の道中は緩やかなペースで流れる事がほとんど。直線での末脚勝負になる。ペースアップの緩急はレースによって異なるが、瞬発力も必要な標準タイプ傾向のコースと言えるだろう。

標準戦大きなペース変化が無い、馬自身の能力・スピードが問われるコースタイプ。

コースデータ東京ダート2100m

コース
高低差 2.5m(5位)
カーブ 大回り
芝質 -
ゴール前直線
距離 501.6m(1位)
急坂
スタート
コーナー距離 約240m(通常)

今週の重賞分析レース

G2
阪神カップ
G1
有馬記念

重賞レースをウマセンが徹底分析!
過去10年データから注目の3頭をピックアップ!

ページ先頭に戻る