函館芝2600mのコース特徴

コース紹介函館芝2600m

JRA全10場で、最も直線が短い
カーブがきつく、高低差がかなりある。
パワーを必要とする洋芝100%のタフなコースだ。
洋芝は耐久性が無いので、開催後半になると馬場が荒れ、外差しが決まりやすくなる。

ラップ・ペース函館芝2600m

平均ハロンラップ
  • 12.9
  • 11.9
  • 12.6
  • 12.6
  • 12.4
  • 12.9
  • 12.9
  • 12.8
  • 12.3
  • 12.1
  • 12.1
  • 11.9
  • 12.1
前半3F 37.4
前半5F 62.3
後半3F 36.1
  • 後傾ラップ
  • スローペース
標準戦C
前半はスローペースで流れる事がほとんど。半分を過ぎた2コーナー辺りからペースアップしていく、瞬発力もやや必要な標準タイプのコース。

標準戦大きなペース変化が無い、馬自身の能力・スピードが問われるコースタイプ。

コースデータ函館芝2600m

コース
高低差 3.4m(4位)
カーブ 小回り
芝質 洋芝
ゴール前直線
距離 262m(13位)
平坦
スタート
コーナー距離 約260m(通常)

※洋芝 パワーとスタミナが求められる芝。

※通常カーブ スピードを落として曲がるカーブ。息が入りやすく、器用さが必要。

今週の重賞分析レース

G3
ダイヤモンドS
G3
京都牝馬ステークス
G1
フェブラリーS
G3
小倉大賞典

重賞レースをウマセンが徹底分析!
過去10年データから注目の3頭をピックアップ!

ページ先頭に戻る